calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

categories

archives

エアガン規制 2(結局何JまでOKなの?)

ニュース記事は流れてしまうので全文転載しているのだが長くなるので2日に分けた。
強力改造エアガン、銃刀法で規制へ Asahi.com 2006年02月06日08時09分
 発射威力を高めた改造エアガンを使った事件が全国で相次いで起きたのを受け、警察庁は一定以上の威力を持ったエアガンの所持を銃刀法で禁止することを決め、3月にも通常国会で改正法案を提出する。規制対象となる改造エアガンは約80万丁にのぼり、業界団体の協力を得て所有者に威力の低下を求める。
 エアガンは圧縮空気や低圧ガスを利用してプラスチック弾などを飛ばす仕組み。狩猟や射撃で使う空気銃は現行法で規制されているが、エアガンは人に傷害を与える威力はないとされ、規制対象外だった。ところが、実際には金属弾を撃ち出せる改造品などが販売され、人や車への発射事件などが起きて問題になっていた。
 改正法で規制されるのは不法所持のみで、製造や譲渡は盛り込まれていない。検討中の罰則は懲役1年以下または罰金30万円以下。所有者は一定期間内に改造エアガンを専門店に持ち込み、業者が費用を負担して威力を落とす改造を施すという。 警察庁は規制に向け、威力の判定には発射時のエネルギーを表す単位として「ジュール毎平方センチメートル」を採用する。専門店で簡単に測定できる。人に向かって撃てば出血するほどの3.5ジュール毎平方センチメートル以上を「準空気銃」と定めて所持を禁じる。皮膚を貫通する威力がある「空気銃」は20以上という。 警察庁によると、準空気銃を使った事件は昨年1年間に傷害や強盗など19件発生。昨年9月に和歌山、大阪両府県で高速道路を走行中の車が相次いで発砲された事件で使用された改造エアガンは、空気銃に相当する43.2ジュール毎平方センチメートルまで改造していた。 警察庁は「愛好家からもエアガンの威力が強すぎ、イメージが悪いという意見が根強かった。法規制による事件抑止の効果に期待したい」としている。


えーと、教えてください。
何処の専門店へ行けば、「ジュール毎平方センチメートル」なんて単位が測定できるのでしょうか?、これは正に3.5Jと混乱させ、ユーザーを逮捕するのが目的なのでは?と考えてしまったのはおいらだけでしょうか?和歌山の事件で使用されたデジコンの銃で仮に炭酸ガス60気圧を使用しても、我々が普段測定値として使用している初速で約20J前後だと思われます。それが、43.2Jと記述さているのですから通常一般的に使用されている単位とは明らかに違うと考えられます。(まさかとは思いますが、本当に43.2Jも出てたんですか?あれ。)
....どなたか、正しいJ(ジュール)を計算していただけますでしょうか。

昨日はblog追記時に、「ジュール毎立方センチメートル」だと思っていたのですが「ジュール毎平方センチメートル」なのですね、いやー気が付かなかった(汗)
2006.02.08追記
関係業界筋からの情報によると
3.5ジュール毎平方センチメートル=約0.98Jだそうです

おいら的にはAPSCUPもサバゲーも1.0Jの世界なのであまり大差はないのです
がプリンキング用ライフルは少々手直しが必要かもしれませんな。

注意
この規制案は「まだ、正式に決定されていません。」慌てて無用なカスタムなど
されないようにしたほうが良いでしょう。

コメント
エアガン規制(基準について)

とうとう恐れていたエアガン規制が平成18年3月にも通常国会で改正法案を提出するような事にになってしまいましたが、「警察庁は規制に向け、威力の判定には発射時のエネルギーを表す単位として「ジュール毎平方センチメートル」を採用する。人に向かって撃てば出血するほどの威力、1m離れた場所で3.5ジュール毎平方センチメートル以上を「準空気銃」と定めて所持を禁じる。皮膚を貫通する威力がある「空気銃」は20以上という。」とあります。

「3.5Jなら、全然大丈夫じゃん!」て思ったら大間違えです。実際6mmBB弾を使用した場合は0.98J以下にならないといけません。

では、6mmBB弾での計算方式はというと、

パワーの計算方法:[{初速(m/s)×初速(m/s)}×BB弾の重量(g)]÷2000=ジュール(J)

すなわち、0.2gのBB弾で初速が100m/s=1Jとなります。

では今回の順空気銃規制の、計算方法は下のようになるようです。
1m離れた距離で、1平方センチ3.5Jといパサー規制なので、
6mmの断面積が0.3×0.3×3.14=0.2826
3.5J×0.2826=0.9891j
と言う解釈となりそうです。
1m離れているので、銃口での初速が約100m/sだと計測誤差等を配慮して0.98Jと言われれるみたいです。

皆さん、くれぐれも基準オーバーにならないようしてください。基準オーバーすなわち、銃刀法違反となり、罰則は「1年以下の懲役または30万円以下の罰金」で検挙されることになります
8mmBB弾の場合は、どうなるんですかね?
  • マルシン
  • 2006/03/07 11:41 AM
>8mmBB弾の場合は、どうなるんですかね?

今回のエアガン規制は、弾の大きさに左右されないので8mmや4.5mmでも規制の対象になります。
以前の警察庁発表に拠れば3.5J/cm2の規制は約0.98Jとの事ですので8mmBB弾の重量で初速を計算し、ジュールを算出する必要があります。ジュール(J)は、大きさや材質に関わらずに計算できるので8mmBB弾の重量と初速で計算してみてください。
  • 銀太郎
  • 2006/03/07 12:13 PM
回答ありがとうございます。
計算してみました。
8mmの断面積が0.4×0.4×3.14=0.5024
3.5J×0.5024=1.7584j
となってしまいました。8mm弾の場合は、
1.7584jまでOKなんですかね?
  • マルシン
  • 2006/03/07 12:54 PM
それとも3.5ジュール毎平方センチメートルと言うのは、6mm弾の0.98jが基準値で8mmや4.5mmもそれに合わせてしまうと言う事でしょうか?ちなみに0.98jだと8mm0.43g弾で67.51m/secになります。1.7584jだと90.4351m/secです。
  • マルシン (追記)
  • 2006/03/07 1:08 PM
結論から言えば、「8mm0.43g弾で67.51m/sec」が正解です。
今回の規制法案では、パワー値制限という名目で挙げられているのでこういう回答になります。でなきゃ、弾大きくしてハイパワーでOK?ってヤツが出てきますからね。。。
  • 銀太郎
  • 2006/03/07 1:17 PM
なるほど!
了解しました。今回発表された規制方式を聞いてずっと疑問に思っていた事なので、やっと納得できました。どうもありがとうございました。  
         マルシン
  • マルシン
  • 2006/03/07 1:28 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック